ノンフィクションな日常(n)

ライターみっつnのオウンドメディア

読まれるweb記事を作るために僕とあなたと考える5つのこと。

インターネットには今日も情報が溢れてる。

1分1秒と新しい情報がインターネットに生まれていく。

今を生きる瞬間にも、ひとつ、またひとつ新しい情報が更新されている。

想像を絶する量の情報は、本当も嘘も好きも嫌いも関係なしにどんどん作られていく。

 

僕もインターネットで情報を発信する人間なので考えるきっかけとしてこの記事を書いている。

 

webメディア最盛の今、どんなメディアがこの先生きのこるか?

5つのポイントから現存webメディアの今と未来を考える。

 

"もくじ"
  • タイトルから読みたくなるか
  • 本文の途中で脱落しないか
  • 感情意思が伝わってくるか
  • わかりやすい内容か
  • 読了後の行動につながるか

 

・タイトルから読みたくなるか

最初にタイトルを見て気になって本文に行くが、タイトルで目に止まらなければ人にも読まれない。

読者はタイトルの時点で、この情報を得たいと感じるファーストステップにある。

発信する側は、検索エンジンの検索最適化のために工夫をする。

しかしは読者はそんなこと知ったこっちゃない。

タイトルで読みたいか、読みたくないかの取捨選択が始まっている。

 

・本文の途中で脱落しないか

本とは違ってwebの記事は、力を入れて読むものではないと僕は思う。

したがって、簡潔にダラダラせず読了できるかが大切。

文面は遠回しなく、単純明快ハッキリと。 

 

・感情や意思が伝わってくるか

記事を最後まで読みたくなる、読んで良かったってなるにはやっぱり気持ちが大事だと思う。

感情移入だったり、疑似体験をできるような記事が読まれるし拡散する。

書く側は読み手の気持ちを意識しないとね。

 

・わかりやすい内容か

本文の途中で脱落しないかの項目でも触れたが、解りづらく長い文章は読み手を減らしてしまう。

わかりやすく、単純明快ハッキリと書くことで読む人を悩ませずサクサク読んでもらえるのだろう。

大衆に馴染みのない、ビジネス用語やネット用語が多用されると意味を考えてしまい読みづらくなってしまう。

 

・読了後の行動につながるか

最後まで読んでもらったら、読み手に行動を与えるかが一番重要。

 

たとえば

「この記事おもしろかったな」「他の人にも読んでもらいたいな」という感情を与えるとSNSで拡散してもらえたりします。

 

読み手の気持ちになって、この本おもしろかった、あそこの店美味しかったとという満足を与える事を考えていかないとですね。

 

有益な情報を配信していれば固定した読者も付いてくれるでしょう。

 

僕もブログからそういった文章を作っていければな。

ライターとかブロガーはコンテンツメーカーなので日々考えて文章を書かないと。

精進します。

ゴールだけを見てたら迷子になってしまうんだ。

ゴールへの期待だけで行動していませんか?

何かを目標持って、達成のために行動してますか?

「ダイエットしたい」、「資格を取りたい」といったことはありますよね。

ああなりたい、こうなりたい、といった期待から初動には強いモチベーションが湧いてきますよね。

 しかし、結果だけを見て進んでいくことはキケンです。

そのことについて解いていきますね。

 

結果への期待は一過性でしかない

初動の大きなモチベーションは衝動的で、長期的なスパンではありません。

ダイエットで10kg減量を目標にしたとしましょう。

ダイエット開始時はあれやこれやと、3kg減量できました。

 

最初のうちはモチベーションも高く、目に見えた成果が得られますよね。

その後しばらくして減量が滞ってしまいモチベーションが下がってきてしまいます。

モチベーションの低下とともに、食事量が増えて結果的にダイエットの意思は行方不明になってしまったのでした。

 

なぜか?

期待が強いすぎて、マイナス要素を受け入れないマインドになってしまうのです。

最初の成果から見えた期待は理想をよくするが、体重が思うように減らない現実を見て思考が止まってしまう。

理想と現実のギャップの差に、対処ができなくなってしまうんですね。

 

夢を見つめつつ地に足つけた行動で

ゴールを描いて行動するのは大切なことです。

ただその中で、理想と現実をしっかり分けて考えて計画立てて行動に取り組むことなんですよね。

 夢を見つめつつも、地に足ついた行動で。

最初は地道に。

 

 

 

思考言語化にはブログがオススメ

思考言語化ってなに?

「思考言語化」とは、思考を言葉や文章にして表現することです。

 

僕はいわゆる、語彙力のない部類に入る人間だと思ってます。

でも、ひょっとしたらトレーニングで解決できるんじゃないかって思ってこのブログを始めました。これは後付けだけど。

結果として、ブログを始めてから発想や理解が身に付いたことを実感しました。

 

ブログで思考言語化してみませんか?

「 思考言語化 」は頭で考えてることをカタチにする行動です。

 

このブログをはじめるまでは、思ったことを伝えることができず議論の場で無言になってしまうことが多々ありました。

それと同時に他人の話が難しく聞こえて理解に苦しむこともありました。

 

このブログをはじめてから、考えてることを文章化するようになり言葉の意味や伝え方を考えるようになりました。

それから、他人の言葉になるほど!って理解する力もついてきました。

 

そしてなにより、自分の考えをしっかり言葉や文章として意見を議論の場や会話で伝えることができるようになりました。

それまではホントにグチャグチャで自分でも意味がわからなくなってたんですよねw

 

 

思ってることを表現するのにブログってものすごく有効なんです。

文字数に制限はないし、何より簡単に始められるから。

 

ブログを書くことは、表現力のトレーニング探究心のトレーニングになるんですよね。

自分に無かった物を見つけることできるし。

発信力に繋がるんですよね。

 

以上を持って僕はブログをおすすめします。

 

ゴールはどこだ

目的地へ向かってる出発!

ちょっと進んで疲れて、ちょっと一休み。

なんて思ったが、座り込んで立ち上がれなくなってしまった。

 

目的地はハッキリしてる、でも行く手段がわからねえ。

電車には乗れる、だけど、どの電車を乗り継いで行けば目的地へ行けるんだろうか。

切符は持ってる。

 

各駅停車で向かうのか

快速乗って向かうのか

特急か新幹線か

そんなのもわからないくらい。

 

とりあえず乗り換える駅に行きたいのに

それすらわらからない。

 

どうしたもんか。

トゥギャザーしようぜ!

 

単体で素晴らしいモノは

他の何かと組み合わさってはもっと

素晴らしいモノが産まれるのではないか?

そんな思いが頭の中を駆け抜けた。

 

トゥギャザーしようぜ・・・!?

 

ファミチキにたまごサンドを挟んだアイディアのような

斬新かつ奇抜なニューウェーブを僕も意識してみよかなと。

 

ありそうな組み合わせが意外と無かったりするので、コンビニやスーパーにこんな視点を持っていくのは新しい気持ちがあっていいね。

楽しくなりそう。