ノンフィクションな日常(n)

ライターみっつnのオウンドメディア

学びを止めたくない。

勉強って、学んだ上で自分で気付いて答えにできて初めて勉強なのかなって。

 

正式な意味を調べたうえで、知識覚えるだけでも勉強なんだな。

 

勉強 -  べんきょう

1 学問や技芸などを学ぶこと。「徹夜で勉強する」「音楽を勉強する」
2 物事に精を出すこと。努力すること。
「何時までもこんな事に―するでもなし」〈福沢・福翁自伝〉
3 経験を積むこと。「今度の仕事はいい勉強になった」
4 商人が商品を値引きして安く売ること。「思い切って勉強しておきます」

出典:べんきょう【勉強】の意味 - goo国語辞書

 

アバウトだけど、学んだら気づきたいんだよね。自分に落とし込むというか。

自分で意味を理解するためにも。 

 

結局、自分が理解したつもりでも結果に反映されなければ吸収されてないからね。

だから情報収集から始めないことにはインプットもクソもなくて。

情報量が不足がしているから、得たことを消化できず言語化できない。

 

ファーストステップはこれでいいだろうから、次のステップも意識しないとね。