ノンフィクションな日常(n)

ライターみっつnのオウンドメディア

妖精があらわれた

ミツヲ起きろ!

耳元からそんな声が聞こえて、目が覚めた。

*ミツヲをとは僕のペンネーム、ミヤマミツヲのミツヲです。

 

いつまで経っても、ナマケモノみてえな生活しやがって。

待ってるだけじゃ、何も始まらねえぞ起きろコラ!

 

目を覚ますと、目の前にしゃべる動物がいた。

ど、ど、動物が喋ってる!!!

 

おい、動物じゃねえよ!  お前の汚い部屋から出たホコリでもねえぞ!

いつまで経っても、ウジウジして時間を無駄に浪費してるからお前のところに来たんだよ。

お前がこれからなりたい自分になるために来てやったんだよ。

いつまで経っても、行動しねえから俺から来てやったんだ、感謝しろよ?

 

え?なんですか急に…

そして、、どちら様ですか?

 

俺は妖精、お前みてえな変わりたいのに変われねえダメなやつの根性叩き直す先生だ、これから先生と呼べ!

 

よ、妖精…!?

(僕はついに幻覚、幻聴を、するようになってしまったのか…)

 

お前が見聞きしてる俺は、幻でもなんでもねえぞ。

 

なんでわかるんですか…?

 

あったりめえだ、お前の心なんて絵に描いたようにわかるってもんよ。

これから俺の言うことを聞けば、変われる、理想の自分を手に入れられる。

 

ホントですか?  こんな僕でも変われるんですか?

まずそこだ!  いつまで自分を低く見積もってんだよ!

そんなんだから、いつまで経ってもヘコヘコウジウジしてんだろ!

 

だけどな、俺が出す宿題をしっかりやらないと、いつまで経っても今の自分から抜け出せないぞ。

いいか?

変わりたいなら容易いもんだよな?

 

はい。

 

オーケー。

まずは、さっきの話だ。

お前、俺が起こさなかったらいつまで寝てるつもりだ?(朝6時半)

 

え…えーっと、多分10時くらい…

ふざけるな!!!

 

ビクッ!

なんですか急に…

まだ朝ですよ。

 

お前のその腐った生活環境からなんだよ。

夜寝て、朝起きることができてねえだろうが。

そんなんじゃいつまで経っても、変わらないぞ?

 

そうですよね…  わかっていても、時間が経つと忘れちゃって…

 

まずそこ!

お前の変わるためのファーストステップはそこにある。

自分の生活リズムが形成できていないからだ。

夜更かしをしては、夜中に憂鬱な気持ちになって本心を背けてる。

 

自分としっかり向き合うために、俺は来たんだよ。

まず、俺との約束はしっかり夜寝て早起きしろ。

やることは、俺の宿題をやればキッカケになるからな。

 

わかりました。

 

今日は俺のおかげもあって起きれたから

いいだろう。

問題は、明日、明後日、このずっと規則正しい時間で生活することだ。

 

はい…

 

なんだ?  自信なさそうだな?

ブログを毎日続けて、自信ついてんじゃねえのか?

 

はい。確かにブログを始めてから、自分に自信がついたと思ってました。

だけど、最近は自信なんて、どうでもよくなってて…

 

お前、言い訳するなよ!

結局、現段階ではお前は自信がついたつもりで舞い上がってるだけ!

 

そ、そんなこと言わないでくださいよ…

 

その言い訳がましい考えも捨てろ。

お前はまず、捨てることから始めろ。

さっき言った、夜寝て朝起きること。

 

今の自分のいらないことは、自由に寝て起きてしてることだからな。

まずはそこからだ。

 

そして早起きしたら、ブログを書け。

わかったか?

 

わかりました。

お前が変わるまでは、チクチクお前に言ってやるからな!

覚悟しておけよ!

 

ヒィ…  なんだこれは…

自分でも、なすがままに、妖精さんとの約束をした。

本当に変われるなら、今やるしかない。

やってみよう。

 

 

つづく。