ノンフィクションな日常(n)

ライターみっつnのオウンドメディア

勝てるピッチャーは理想の人間像?

ふと思った。

勝てるピッチャーみたいな人間になると人生上手くいくんじゃないか?  って。

 

ピッチャーって、持ち球が少ないとバッターに読まれて打たれやすくなる。

それを補うために、変化球を覚えて配球パターンが増やす。

持ち球が増えれば、バッターが読みきれずアウトを取れる。

ピッチャーが打たれなければ、試合は負けない。

 

ストレートしかなかったら、負ける確率は高い。

大谷翔平のズバ抜けたストレートがあれば別だけど。

凡人の域で成功するには、持ち球を増やすことだったり、相手にあった攻め方がができることであったり。

 

ひとつの変化球からもうひとつの変化球を取得すると、組み合わさった新たな変化球を作れるかもしれない。

だからこそ、色んなことを習得しては使うこと。

覚えたカーブが、上手く使いこなせなくても、そのあと覚えたスライダーと合わせて新しい変化球を作れるかもって話ですね。

 

成功する要素を増やす、勝つ確率を上げるための手段をたくさん持ってる。

勝てるピッチャーを目指せば、自ずと理想の人間になれるかもしれないね。

 

何事もトライアンドエラーなのでやったら繰り返しやりたいことに挑戦してみよう。