LIFE with THINK(n)

不器用でもぎこちなくてもいい。

やる気不要論

何か物事を起こすときってやる気を必要としてると思うんですよ。

僕もそっち側の人間なんだと思うんだけど。

 

やる気を物事のエネルギーにすると、疲れる気がしたのでメモとして書いていきます。

 

やりたいことを、やる気を原動力してしまうとそこから抜け出せなくなるんじゃないかって思うですよね。

 

やろうとするものにやる気を持ち出すと

やる気があるときやって、やる気がなければやらないなんてことになってしまう。

それだとやる気の加減が物事を判断する指標になってしまう。

やる気あり気になってしまうのは、とても危険なことなんじゃないかと。

 

結果への影響もあるし、振り幅を作ってしまうんですよね。

何よりやる気マンマンで物事を行なって結果が悪ければ疲れるし、ガッカリする。

自分の自信を失うことに繋がるんではないかと。

過度な期待とかそうですよね。

 

だから、やる気を持って取り組むよりも結果が出ればいいやという。

力抜いて、失敗してもいいやって言う感覚っていうのかな。

 

まあ、兎にも角にも硬くなるより柔らかく行こうって感じですね。