ノンフィクションな日常(n)

ライターみっつnのオウンドメディア

本に学ぶ成功法則を考えてみた。

本屋さんで同じようなタイトルの本が並んでいる光景を見たことはありませんか?

実は、売れる本に法則があってその法則こそが成功の法則がイコールとして成立するのではと思うのです。

 

自己啓発書だったり、パソコンの実用書でもいいです。

売れる書籍、ハウツー本には内容が似たり寄ったりという評価を聞きませんか?

そうです、その似たり寄ったりというのは成功の法則なんです。

 

その成功の法則に則って、成功の鍵を見つけるヒントを探そうというのが今回のお題目であります。

 

例えば

「7つの習慣」

「すぐやるひとの習慣」

といった、習慣を題材にした書籍はたくさんあります。

これは、良い習慣を身につけて自身の生活に変化を起こすことを促すための本ですね。

それは、習慣こそが成功の法則と言ってることなのです。

 

本を読んでから、何コレ似たり寄ったりじゃんと評価をすればそこで終わってしまうのです。

似たり寄ったり、こそが成功のヒントであるのです。

近いジャンルの2冊の本を読み比べて、内容が重複している部分があれがそれこそ著者が収めた成功の部分であるわけです。

実は重複している部分が、大切な部分であるということを見失いがちなんですけどそれこそ成功のメソッドだったんですね。

 

これは僕も見落としがちな部分であって今後はこれを機に読む本の重点的部分ということ感じたので記事にしました。

よく、本のカスタマーレビューでよく見かけることなので僕の視点を織り交ぜてみました。

 

今後、本をチェックする際の参考にしてみてはどうでしょう。

もちろん僕もこの仮説をもとにどんどん検証してみる次第です。

では。