LIFE with THINK(n)

思考を刺激するメディア

キリン「メッツ・ビター」買ったから飲んだ。

f:id:deeym32:20180227220515j:image

 

キリンの「メッツ」にこんなヤツが!

今日帰りに、明日の飲み物買おうと物色してたらキリンから発売されている「メッツ」のあまり見かけないヤツを見つけました。

ちょうど帰りながら飲もうと、あまーい感じか、炭酸でシュワっとしようと考えていました。

他の候補で店頭にあるヤツらは、メジャー級ばかりで正直迷っていたんですね。

 

「なんかコイツ気になるな…」

って感情が湧き出して、手に取ってみたんですよ。

今まで見かけた記憶がなくて、とりあえずチャレンジしてみよう思って買ってみました。

 

とりあえず概要的な話と飲む前の印象。

今日、手に取ったコイツは「メッツ・ビター」と言う商品です。

ベースになる味は、メッツといえばのグレープフルーツでございます。

ただ、コイツがノーマルから一線を画しているのが炭酸の強さとグレープフルーツの苦味が前面に来ていること。

「ビター」の名の下に、グレープフルーツ本来の味に近い感じなのは商品を手に取って、感じました。

端的に言い表すならば「大人の炭酸」なのでしょう。

 

とりあえず一口飲んでみた

買ってから、すぐ開栓しましたよ。

そんで、一口飲んでみました。

!!!

 

グレープフルーツがガンガン攻めてくる、そして強炭酸も援軍する!

そうなんです、商品のウリの通りのビターな感じなんですね。

グレープフルーツを本当に食べているような感覚が口いっぱいに伝わる感じ。

 

正直、メッツと言うイメージから炭酸飲料の甘さもあるようなのって感じだったんですよ。

でも、全然ちがう。

グレープフルーツジュースの炭酸バージョンっていうのが適切なくらい、酸味と強い苦味に支配されていきます。

 

正直に言うと、僕はレモンやグレープフルーツはそんなに好きではありません。

強いて言うなら、果物全般が好きではないのです。

だけど一口飲むと、また一口、また一口と勝手に体が進んでいくんです。

 

最初は、何だこれ?  ってくらいの感情があったのが、あれよあれよ、と完飲。

強炭酸も相まってか、突き抜けていく感覚っていうのか、なんなのか。

個人的には止まらなかったです。

 

柑橘系が得意な方は唸るんじゃないでしょうか?

また買って、次回の感じはどうなのか改めてレポをしてみようと思います。

それでは。