LIFE with THINK(n)

思考を刺激するメディア

人生は常に選択と共にある

自分自身の現況は満足ですか?  不満ですか?

このブログを読んでいるみなさんは、自分自身の現況はどうですか?

僕自身は苦しいこともありますが、幸せと言えます。

そのことについて今日は考えていきます。

 

人生には選択という行動がある

今日、お伝えしたいことは、人生において常に「選択」が存在するというお話です。

生きることに、満足・不満・幸せ・不幸なんて感情があるわけですが。

それら全て、自分の選択がそこに行き着いてるのです。

幸せを感じるも、不幸を感じるも、全て選択のもとに結果が訪れるのではないかと思うわけです。

もちろん、選択した結果、タイミングや沢山の要素が複雑に絡み合って得てしない答えが出ることもあります。

ただ「選択」に言えることは、自分の本望に従った結果かどうかも重要な要素でもあります。

もちろんタイミングはとても大切で、タイミングを間違えた選択は良くない結果を招くことになりかねませんから。

 

選択しても答えは簡単に見つからない

怠惰を感じ幸せになりたいと思うなんて状況はよくあると思います。

それは思うだけで結果が出ないだけなんです、思うという選択をしているから。

幸せになりたいと思ったら、何が必要で何が不要かを取捨選択するということから始まりますね。

 

例にして、お金がないから、お金を増やしたいとしましょう。

そのパターンに関して考えるのであれば以下のようにしますよね

支出を減らして収入を減らさない。

副業をしたり、働く日数を増やして収入を増やす。

必要のなくなったものなどを売り、お金にする。

そこには、選択が存在するんです。

 

かと言って、副業しようとしたり、物を売ろうとしても、収入に繋がらないこともあります。

それは、短絡的に答えを見つけようとしているからです。

1分、1秒でそんな答えが見つかるわけがありません。

最悪、1年かかるかもしれません。

それでもどうしたらいいのか、それは絶えず続けるという選択をすることが大切ということです。

 

諦めるも選択、続けるも選択

大袈裟に言えば「生きること=選択すること」と、僕はおもいます。

ただ言えることは、選択は本心に従うことなんじゃないかなってふと思ったりしますね。

 

嫌なことを本気で続けることよりも、好きなことをとことん続けた方が知見も高まるし、伸びしろが大きいですから。

 

もちろん、好きなものだって意識が遠くなって距離が出てしまうことあります。

だけど、好きなモノってそんな時でも、頭の片隅にどこかしら存在するし、忘れないんですよね。

 

僕が言いたいことは、選択するなら好きを選ぼうってことなんです。

好きを選べば、時間がかかっても、結果になると思うんです。

好きだから、続くし、伸びる。

途中から取り留めない感じになってしまいましたが、選ぶなら迷わず好きなモノにいこうよってお話でした。

 

僕も迷うことは沢山あります、選択した結果、後悔は沢山してきました。

良くも悪くも、自分選択が直接答えになるんです。

だから、常に自分の最高の選択をしましょう!!!