LIFE with THINK(n)

思考を刺激するメディア

僕は自分で仕事を作りたい、そして今後の僕に必要なこと。

未経験大募集!!

そんな求人広告をよく目にし、憧れた業種に応募するも、全部不採用。

まあ、当たり前の話である。

 

未経験だが、その領域に近い知識も実績もあるわけでもないし、不透明。

だったら未経験でも、なんらかの実績がある人間を採用したいとなる。

多分、僕が人事の人間だったら、僕を不採用にするかもしれないしね。

 

なぜ僕が最初に仕事で考えたいたのか?

やりたいことを仕事で覚えるのは、とても合理的である。

なぜなら、仕事になると結果が必要になってくるからだ。

知識と実践は全然別物であって。

現場でしか使わない知識も多分にあるからだ。

 

目指す領域の知識を得ることは、机上の空論とは違って現場で活きる。

だが、それ以上に現場で動かないと見えないことの方が多い。

現場で実践すれば、現実的な環境を体験できるゆえに僕は現場で実践したいと考えていた。

 

ただ、そうも行かないのが仕事だ。

仕事は一人で完結するものでなく、他人がいて成立する。

自分(従業員)と相手(雇用主とさらに上のクライアントや顧客)

そこには、たくさん人とお金が動いている。

自分がこれをやりたいと、売り込んだところで相手が求める結果を出せるかどうかわからないからだ。

生きることに重要な事柄でまず最初の課題はここをコントロールできないことである。

 

自分のやりたいという気持ちがあったところで、やりたいことをカタチにできなければ先に進めないのだ。

コントロールできない問題をクリアするには、相手を納得させる技術や、実績を作ることから始めなければいけない。

僕自身、自分本位で何かを始めるのがとても苦手だ。

 

誰かが求めるものに対してアプローチをするわけでなく、自分でこうなりたいからこれをやらないといけないと言うことを明確化できていないから。

すなわち、想像力が乏しいのだ。

 

だけど、最近はやりたいことがあるならまずはやってみて少しづつカタチにしてみようと考えてる。

 

このブログだって、最初は書くこと自体に重きを置いて突っ走ってきた結果、ブログを通じた想いを養うことができた。

やりたいことは、今ならiPhoneひとつでなんだって出来る時代。

とりあえず基礎・土台を作ることが重要なことだと理解した。

 

決められたテーマに合わせて動くことよりも、自分の想いをカタチにすることをまずはやっていかないといけない。

そこで今日は僕の将来像をブレずに保ち続けるためにも、書き残しておく。

 

①書くこと

まずは書くことについて。

 

文章

僕は将来的に書く仕事を働き方の第一志望である。

今もうこうしてブログで文章を書くのはもちろん、雑誌やWebメディアで執筆をしていたい。

こうしてブログを書いていることで得た、文章への情熱は絶やすこと死ぬまで続いていくことだと感じたからだ。

僕が書いた文章を必要としてくれる人に届けるためにも、今もこうして日々伝える力をこうして磨いている。

 

コーティング

そして書くことは、文章だけではない。

僕が一番最初にインターネットをおもしろいと思わせた「コーディング」も必須課題である。

HTMLとCSSはもちろん、JavaScriptと言ったWebプログラムに関しての知識を学ばないといけない。

これに関しては、構造から覚えなくてはいけない時間はかかるだろうが、ブログ運営にもコーティングは必要不可欠なことなので修得する。

プログラミングにも繋がっているので関心としも僕はとても持っている。

 

イラスト・画像

絵なども書くこととしてもいいだろう。

イラストやグラフィックを作ることもブロガーとしては大事な領域であると考える。

ブログ装飾にアイキャッチ画像やヘッダー画像、ブログパーツを作れるとブログも改造できるようになる。

イラストではないが、写真加工や現像も同じように扱えるようになるし、覚えたい。

 

自分でできるようになれば、ブログの可能性も自分自身の可能性も広がりを見せることから、これも課題のひとつだ。

 

②撮ること

今のブロガーやライターには写真や動画を撮る技術や編集能力も必要だと感じている。

 

撮ること自体は容易にできること、問題はその先にある。

構図やカメラの知識は最低限必要になるし、突き詰めればカメラマンへの道も見えてくると言うことだ、。

 

ただ、なりたいではなれない。

カメラを使って撮影してカメラやレンズなどへの造詣だったり構図などの経験を積んだり、知識を深めなくてはいけない。

ライター自身が撮影できる環境を持ち合わせやりたいことをカタチにできれば、可能性も広がるということ。

もちろん、撮ること自体が僕は好きな行為だから自身の楽しみとしても必要と考えている。

 

③喋ること

ラジオ

僕は一部(noteなど)で音声配信をしたことがある。

僕はラジオ好きで、今もスキマ時間で好きなラジオを聴いている。

むしろラジオ番組で喋るということは憧れたものだが、今の時代は簡単にiPhoneひとつで音声配信もできる。

これも僕は自分の成長と可能性を広げるためにも、取り組みたい分野である。

 

こうやってブログを使って言葉を発することは、考える時間があって成り立っているということ。

音声はそれとまた違い、その瞬間、瞬間でパッと瞬時に言葉を判断して発しないといけない。

喋る力を鍛えることで普段の会話も、仕事の打ち合わせやミーティングにも活きるということ。

 

実は僕は会話が苦手だ。

会話というのは、スピード勝負なところがあって会話を考えている時間に話しが終わってしまうようなこと起きてしまう。

瞬間、瞬間に言葉をまとめて発しなくてはいけないことがとても苦手なので音声配信を利用してそう言ったところを強くしていきたい。

 

今、考えている僕の理想をカタチにできるのも、ブログの存在が大切だというのをお気づきだろうか?

前述したやりたいことは、すべてブログで完結できるし、カタチになる。

もちろん個人レベルで、できることは限られてくるが、突き詰めればどこかで繋がるし道は開ける。

こう言った分野を新たにブログを開設し取り組んでいこうと計画している。

もちろん全部が全部、タダでできるわけがないので、そこに時間はようしてしまう。

 

書いたことがすべて簡単に手につくわけでないし、少しづつ手をつけていきたい。

僕がやりたいことが、できるようになれば、仕事を自分で作ることができるようになるかもしれないということ。

 

そうなるためには、自分でできることから始めないといけないし、見つけないといけない。

こうやって口にするのは簡単だが、実際に動いて形になるまでが難しい。

 

いずれは自分で道を開けるようにやっていかないと。

手探りになるだろうが失敗を恐れずに折れることなく、やっていく。

 

今すぐすべては変わらない、でもやらなきゃ何も始まらない。

自分に期待しなきゃ、答えは見えないから。