LIFE with THINK(n)

思考を刺激するメディア

平成の終わりをどう生きる?

この記事を居酒屋で一人で飲みながら書いている。

f:id:deeym32:20180525230723j:image

金曜日の夜に隙間時間に一人飲み。

ホントに一杯で終わる。

華金と呼ばれる週末に街は賑わいを見せる。

 

多分、明日(土曜日)に公開するだろう。

 

ふとツイッターで目に自覚したが、今年は平成という日本のひとつの時代が終わる。

来年からは元号がかわり、新しい時代が始まる。

 

僕は昭和生まれで、なおかつ2年も昭和を知らないが、平成はしっかり物心ついて生きてきた。

30年という平成の歴史は長いのか短いのか僕はわからない。

 

20世紀が21世紀に変わる時に僕は12歳で、日本の新たな時代を迎える時に僕は31歳になる。

年を食うとか、時代が変わるとか、大げさに自分の何かが変わるってわけでないけど、自分自身を振り返ってみるいい機会になるかもしれない。

 

ぼく自身は、子供の頃に描いた自分は想像もしなかった今だけど、今までに選んできた道で普通じゃ得られない経験をしたって自負がある。

今、頭にあるやりたいことは絶対にできること。

 

やればできるよって言葉があるように、自分を自分で信じて進んでいけば答えは絶対出せるから、愚直に行きたい。

 

こんなことを思って今日も生きていく。