LIFE with THINK(n)

思考を刺激するメディア

一日の活動時間を濃縮するために考えた。

僕は早寝早起きだ。

 

始業時間も朝8時からだし、通勤時間も小一時間ほどかかると、早起きせざるを得ない。

起きる時間にリミットはあるもので、その場合を考えると早寝しなくてはいけないからだ。

 

起きる時間があるなら、寝る時間にリミットを儲けなくてはいけないと考えたのだ。

早寝早起きして、なおかつ仕事にかける時間があると、活動時間を取ることができないのではないか?

ということを懸念したが、実際そうではない。

 

参考

一挙手一投足の精度を高めよう - LIFE with THINK(n)

僕が先日書いた記事、漠然とした時間を無意識に過ごすことよりも、具体的な時間をより濃く過ごすことができるのではないか? という結論に至った。

 

僕はアレやコレやと決まったスケジュールで動くことなく、思い立っては動いていたので、夜更かししたり、やるべきことを疎かにしてしまったりいた。

なのでそういったことなく、なおかつ活動時間を鮮明にするために一役になってくれる気がしてこういった思考になったのだ。

 

なので試験的ではあるものの、モノは試しようで、とりあえず取り組んでみようと思う。