LIFE with THINK(n)

生活と密接するメディア

哲学持ってますか?

好きな事に関しては哲学を持っていたい男です、こんにちは。

お昼です。

 

僕元来、好きな事には哲学を持っていたい人間でありまして。

その哲学と現状に違和感があれば、照らしあうまで問い続けるのが僕の考えです。

趣味みたいなことにはやっぱり好きゆえに情熱を傾けた時間の分、哲学があるんですよね。

 

硬くなりすぎてはいけないのですが、好きな事はやっぱりこう!

という指標が自分の日常を豊かにすると思うのです。

だから僕は好きな事に存在する哲学を大事にするし、その哲学と現状の向き合い方の乖離もなく常に理想を地で行くようにしていきたいですね。

前のめりに行こう。

やりたいこと思ってるだけじゃ、いつまで経っても叶わないって誰かが言ってた。

それを解決するにはどうしたらいいか具体的には、わからないけれど、それっぽいことをしてたら絶対上手くいくと思っているよ。

 

だから待つんじゃなくて、自分から行こうと思うよ。

待ってたって何も変わらないから。

湖池屋 ポテトチップス うすしお

f:id:deeym32:20190523122819j:image

正面

 

f:id:deeym32:20190523122823j:image

裏面

 

f:id:deeym32:20190523122828j:image

パーティー開けで開封

 

f:id:deeym32:20190523122833j:image

美味しい

 

なんだかポテチが食べたい気分で、買ってきた。

カルビーも良かったけど、コンソメパンチな気持ちにはなれなかったので湖池屋さん。

塩系はやっぱり湖池屋が良いと僕は思ってしまう。

 

ちょうど良い塩梅の塩加減がやっぱり湖池屋の良さでサクサクとした食感がテンポよく僕の口の中に進んで行く。

そんな気持ちを抱いていたら、ポテトチップスはもう無くなっていた。

完食、ごちそうさまでした。

 

何かを与える人間になりたい

考えたら僕は今までもらってばかりの人間だったかもしれない。

という思い当たるフシがたくさんある。

もらってばかりで還元できているかと言えばそうではなくて。

 

何かを与える人間になれなければ、この先もこのままだから、それが嫌だから何かを生み出す人間になりたい。

自分の作る物事で還元していきたい、役に立ちたい。

それが自分の為だし、誰かに繋がるんだ。

 

だから、僕は与える人間になりたい。

グリーン車通勤のススメ

f:id:deeym32:20190521060150j:image

 

今日は朝から気持ちが上がらない、ということで朝からグリーン車に乗る。

混んでたけど、座ってゆっくりできる可能性の方が高いし、快適。

何気ない日常も、こういう事少しでも取り入れると楽しい。

 

f:id:deeym32:20190521060536j:image

走行中でボケボケだけど、車窓を楽しめのもグリーン車の特権!

特別気分で仕事に行くのも悪くない。

 

 

 

ブログをやれば見えてくる日々のアレコレ

f:id:deeym32:20190521054200j:image

 

久しぶりに基本スタイルで。

 

ブログをはじめてから、いつも同じ買うものが特別に見える事が増えた。

それは何気なくルーティーンのようにこだわりを持って買っているモノでも、また違った視点を与えてくれる。

ブログをやる事で、違う角度から物事を見ようと自然に体が動くんだ。

 

初めての体験でも、何度も行ったり買ったりしたもので新たな視点を得られる。

それがブログの醍醐味かもしれない。

いつもと同じ景色でも、常に新しい世界を見せてくれるからブログをやめられないのだろう。

活龍鶏そば専門店 とりだけ。 絶品の鶏白湯に魅了される。

活龍鶏そば専門店でいただく、絶品の鶏白湯!

 

今日は休日で外出したが、何が食べたいか特に希望が無かった。

そんな時に目に入ってきたのは、気になるお店。

 

f:id:deeym32:20190518190936j:image

 

そういえば今までお店で塩らーめん、殆ど選んだ事が無かったな。

そうだ、今日は塩らーめんにしよう。

そんな想いを持ち入店。

 

f:id:deeym32:20190518190915j:image

 

という事で、やってきたのは「活龍・鶏そば専門店とりだけ」というお店。

こちら茨城県の各地で営業されている活龍(かつりゅう)の鶏メニュー限定のラーメン専門店だ。

メニューには鶏メニューオンリー、しかしまぜそばやつけそばと言ったメニューのレパートリーは豊富。

 

こちらは鶏メニューにこだわりをもち、他店舗では魚介専門店もあるようで、まるで都内中心店舗の有名な「凪」のような経営スタイルみたいだ。

 

初めてて、どれをオーダーしていいか迷ったので僕はお店オススメの鶏白湯トリュフ入りを注文。

醤油と塩で選べるが人気の方を伺い、塩をお願いした。

ラーメン着丼の前にサイドメニューがやってきた。

 

f:id:deeym32:20190518191611j:image

チャーシューマヨ丼  300円

 

寄ってみる。

f:id:deeym32:20190518191641j:image

ボリュームもしっかり、マヨと薬味とチャーシューの味付けがバランスよく混ざり合う一品。

チャーシューもやっぱり鶏チャーシューでコッテリとアッサリが調和したような味覚。

少しの間、チャーシュー丼を頂きつつも、その時間がやってきた。

 

そう、僕の前には輝きを放つ一杯の丼がやってきた…

f:id:deeym32:20190518191908j:image

鶏白湯・トリュフ(大盛り麺228g)880円

こちらは大盛りも無料でお得なので、食いしん坊の僕は迷わず大盛りをお願いした。

ちなみにトリュフは有りか無しかで価格は変わる。

 

f:id:deeym32:20190518192156j:image

スープが輝くように映えて、周りのトッピングを照らすような盛り付けだ。

まずはスープを一口、、美味い…

重厚な鶏油が口の中に広がるが、ギトギト感を見せないのがすごく心地よい。

 

f:id:deeym32:20190518192742j:image

トリュフをレンゲに移しては、またスープを一口いただく。

トリュフがスープにコクを与えるようになり、ポタージュ感を醸し出す。

濃厚かつ、繊細さを感じるスープは上品な仕上がりになっている。

 

 

f:id:deeym32:20190518192204j:image

麺は中太麺で固め。

このスープと絡み合いは良く出来ているという感想しか出てこない…

美味い、うますぎる。

 

f:id:deeym32:20190518192219j:image

和え玉  160円

 

f:id:deeym32:20190518192530j:image

こちらの和え玉は薬味・チャーシュー・魚介とカエシからなるメニューで、そのまま和えて食べられるし、ラーメンのスープにインしてまた違う楽しみ方をできるメニューだ。

よく混ぜて、食べれば魚粉の効いたシンプルなまぜそばを味わえる。

シンプルながらも麺はしっかりアルデンテ、固めの麺は味付けの風味をよく味わえる。

 

こちらの和え麺もトリュフの有りか無しかを選択できる。

トリュフ和え麺ならば、210円になる。

 

大盛りを食べてから、まだ余裕を感じて和え麺をいただくが、完食後に満腹になってしまった。

休日の昼下がりにいただく、上品な一杯は至高の休日を演出するいっぱいになった。

今後は活龍の各店舗に訪問してみたい。

 

ごちそうさまでした!

 

【店舗情報】活龍 鶏そば専門店  とりだけ

[住所]

茨城県水戸市河和田 3-2316-2

[営業時間]

11:30〜14:30

17:00〜21:00

年中無休

 

プライバシーポリシー
All right resaved LIFE with THINK(n)