LIFE with THINK(n)

思考を刺激するメディア

常に変化する意識と変化への姿勢

僕は常に自分をアップデートしたいと言う気持ちを持っています。

 

変化なき毎日を過ごすは怠惰の始まり。

その怠惰の始まりは退化への道になる。

 

そんな風に僕は思っています。

「現状維持は衰退」なんて誰が言ったか知らないけれど、それに近い感じですよね。

同じことを繰り返すことで磨くことは大切。

 

それ以上に、時代に合わせてその時、その時にあったやり方を覚えることが世の本質というのではないかと思ってしまいます。

多分、そこに関心や興味があってもそこに乗り切れない自分がいて、自分に警鐘を鳴らすためにこう言った記事を書いているのでしょう。

 

新しい出来事、モノ、人との出会いと言うのはワクワクすることでありますので、常に新しいことを取り入れたり取り組む意識付けをしていこうと思います。

 

そう言うところでブログは自分の思考の発信の場なので、姿勢の発信などもしていければいいですね。

 

台風の名前が気になり、台風を調べてみる。

台風24号が発生した模様。

21日午後9時マリアナ諸島で発生した台風24号

名前は「チャーミー」という名前だそう。

 

「チャーミー」は、ベトナムが用意した名前で、花の名前です。台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。準備された140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)されますが、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあります。
 

引用元:また台風の卵 今後の日本への影響は(日直予報士 2018年09月21日) - 日本気象協会 tenki.jp

 

台風は来るけど、僕はあまり台風を知らない。

台風は発生して直撃すれば大きな自然災害に繋がり、命や人的被害も出ます。

ただ、台風は間違いなく一年に一度は日本にも直撃するものなので台風の勉強というか、知識を持っては損はないだろうと思い台風知識の備忘録として記事として残していこうと思います。

 

また僕自身、台風がどのような経緯で発生したりするのかもよくわかっていないのでそういったところから考えていきます。

 

そもそも、台風って何?

熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを「台風」と呼びます。

 台風は上空の風に流されて動き、また地球の自転の影響で北へ向かう性質を持っています。そのため、通常東風が吹いている低緯度では台風は西へ流されながら次第に北上し、上空で強い西風(偏西風)が吹いている中・高緯度に来ると台風は速い速度で北東へ進みます。

引用元:気象庁|台風とは

 

いわゆる、熱帯低気圧の中でも風速が強いものが台風なのですね。

こういった事も僕は全然知らないし、気にも止めることはありませんでした…

台風というと抽象的に強い風や雨をもたらし、自然災害で地形への影響を生むことくらいしか認識していませんでした。

 

そして台風の歴史やまつわる情報が過多しているために少しづつ覚えていこうと思います。

 

台風の名前

参考:気象庁|台風の番号の付け方と命名の方法

台風名前はこれだけあって、実に驚きました。

そして台風委員会なるものも存在していることは初めて知りました。

 

今後は台風への警戒や、知識吸収などしていきたいです。

iPhoneへの客観的考察と主観的な話。 それと僕の決意表明がある。

今日は新作iPhoneの発売日。

 

過去のiPhoneの看板機種は例年この時期に販売開始となっている。

調べて簡単にまとめてみた。

iPhone5:2012年9月21日

iPhone5s・iPhone5c:2013年9月20日

iPhone6・6 plus:2014年9月19日

iPhone6s・6s plus:2015年9月25日

iPhone7・7 plus:2016年9月16日

iPhone8・8 plus:2017年9月22日

iPhone XS・XR:2018年9月21日

 

となっていて、iPhone4sの発売日が2011年10月14日でiPhone5以降は今この時期である。

サブ的な要素を持った、iPhone XやiPhone SEなどは例外的な発売月だ。

 

iPhoneの新作モデルの販売開始はとてもニュース性が高く、ムーブメントにもなり販売開始イベントが良き例であると言える。

 

今回の新作モデルは昨年の11月3日にiPhoneの10周年モデルとして発売された「iPhone X」をベースにされている。

 

従来のiPhoneは液晶下のホームボタンと言われるボタンが配置されたものが、iPhone Xではフル液晶になりそれが今回も継続された形になる。

そして従来のiPhoneの新作モデルの販売をしないという事が大きく話題になった。

 

 

日本でのiPhoneのシェアは高く、具体的かつ厳密なことはハッキリわからないが日本でのiPhoneの存在感は街に出ると目に見えてわかることだろう。

 

先日も記事にしているのだが、今回の新作iPhoneの購入はしない。

というのも、現在の使用機種がiPhone SEを使用していて端末の消耗度から次回使用機種としてiPhone 7を購入済みだからだ。

そして何より、現在のiPhone SEが僕の現在の理想の端末であるということで使える限り使うというスタンスでいる。

いざとなれば、iPhone7へ移行するということ。

 

従来のiPhoneのインターフェースを変えるというのは、賛否ある。

そして僕が使用するiPhone SEは今回の新作発売と共にアップルストアのオンライン販売のラインナップから消えた。

それに関しては僕自身、思う事もあるが歴史は変わるもので完全なる不変は存在しないと考えている。

 

僕のiPhoneの遍歴としてはiPhone 5からであり、日本のiPhone歴史から言えば途中からである。

だが、iPhoneは時代と共に日本で存在感を示している。

iOSの大幅アップデートによるアイコン変化なども経験したので、慣れれば違和感はないのだろう。

 

僕はiPhoneをタイムリーに新機種を手にした経験がiPhone 6が最後であり、もう昔話のようものである。

だがiPhoneの新作の話は否が応でも目にするし、好奇心も刺激される。

 

僕の決意表明として、来年のiPhone最新モデルは発売日に手に入れるというミッションを考えている。

一年後の今頃もまだ、iPhone7の残債があるか知るもんか。

好きなマシンの最新作は一刻も早く手にして語りたいくらいの気持ちがある。

来年は手にする当事者としてiPhoneの最新モデルを語りたい。

 

そう、乗るしかないこのビッグウェーブに!

落ち着かない日

今日は雑多な日だった。

ツイなんてボヤいてしまうが、言ってしまえばもっと引き寄せしまいそうでコワイ。

しかしながら、何だかんだ忙しいと思う日の方が僕は好きだ。

 

余白はとても大切だと僕は思っているが有り余る余白ほど雑念や邪念を引き起こしがちだから。

筋トレや有酸素運動が充実感をもたらすことはそこらへんに繋がっているんだと思う。

 

僕は「静」に偏ってしまうので自発的に「動」になれるようにしていきたい。

僕も誰かの背中を押したい

僕は贔屓になるとか応援するとか感情移入しやすいタイプだ。

 

僕の生きた形が誰かのためになればとの想いがブログ更新の活力になってる。

自分のための更新がほとんどだけど、誰かの応援というか支えになるならって思ってる。

 

僕の考える発信する情報や想いで誰かの支えになったり、背中を押せる文章を書けるようになりたいって想いが最近特に強い。

ライターになって色々なところで書きたいと思う所以はそこにある。

 

僕自身の経験だけど、興味や関心の弱い物事を強く引き寄せられるものって文章や言葉からくる情報が強くて、存在すら知らないこともものすごく知りたくなるようなことを文章を通じて僕は経験している。

 

好きなものをもっと知りたいし伝えたいとか、あまり詳しくないことだけど知った経緯とこれからのこととかを文章に乗せて伝えて知ってもらう、伝えることが僕はもっとやりたい。

それはほんのちょっとのことからでも出来ることがあるはずだから、慌てることなくカタチになるまでやっていきたい。

 

まだまだ拙い文章が多いけれど、熱量はどこかで火がつくはずだから折れずに信じてやっていく。

それに付随したこともしっかりやっていかないとね。

堂々巡りはこれくらいにして

堂々巡りのような日々を変えたいと思っていても気づかぬうちにつまずいて、アテもなく彷徨う日常。

 

客観していても、どこかで現実に目を背けているのかもしれない。

核心をついた自由だからこそ、そこを確信することで自己否定につながりさらに悪化することを懸念しては、堂々巡りを繰り返す。

 

何が悪いってわかっていても、聖域に踏み込めない己の弱さに嫌悪してしまう。

変わった、変われたって想いは幻想だったのか?

なんて想いにも行き着いてしまう。

 

思案するだけでは変われなくて、思考を作るための行動をできるかどうか。

卵が先か鷄が先かって話じゃなくて、卵も鷄と必要。

だけど卵を用意するには鷄が必要だってこと。

 

目的を達するには手段が必要なわけで、そのために何ができるかって話になってくる。

目的をハッキリするために手段を用意すること。

 

それが今とても大切なんだ、目的のための道の数をどれだけ増やせるか。

そこに注力して尽力したい。

 

結果のための過程だ。

結果も内容もすべてが伴って完成する。

そのためにできることをやっていこう。

900記事を超えたんです。

昨日の最後の記事公開で900記事になりました。

僕自身がビックリであります。

 

最近は短編小説よりもショートアンドファストな感じが多いですけど、魅せる読み込む記事を目指していけたらと思っています。

 

まだまだ通過点、1000でも10000でも100000でも書いたりますわ。

もちろん読んでくれる人がいてのブログであることも忘れずに精進していきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。