LIFE with THINK(n)

あなたを応援するメディア

一歩踏み出せた。

新たな道の新たな一歩。 その一歩がどうしようもなく不安でだった、だけどその一歩が踏み出せたことを少し感じた。 まだまだ始まったばかりだけど、この一歩を忘れずに進んでいきたい。

柔軟に

頭が固いなんてよく言われた経験がある。 何かに凝り固まればそこから抜け出せない。 それをなんとかしたいのだが、なかなか難しい。 なんとかチャレンジしよう、柔軟への道

最低限でいいのか最高級がいいのかこだわりたい。

最低限で出来ることをこなしていくのか、最高級の出来ることを目指していくのかで今のやることが変わってくる。 今、最低限の生きるをすることは容易に出来る。 今、最低限を続けていけばやがて破綻するだろう。 だから今苦しんでも、未来の最高級のために出…

周りがなんと言おうと、我が道は我にあり

生きていれば他人の指標になりたい人たちが多い。 もしかしたら僕もどこかでそうなっているのかもしれないけれど。 僕もライフスタイルに口出しされる事=思考や行動にダメ出し食らうことが多々ある。 その中で芯持ってやってることは変えちゃいけない、ブレ…

まさにLIFE with THINKだね

「歴史は繰り返す」 「二度あることは三度ある」 なんていう言葉がある。 僕はこの言葉を悪い意味で体現している。 もちろん、それは自分自身の意思もあるけれど。 思い描く結果を求めて行動すること 思いがけない行動で得られる結果 このふたつが僕の行動の…

屋台とんこつラーメンめん吉 「ラーメン大盛り チャーシュー味玉トッピング」

今の季節、夜道を歩けば寒い。 しかし、腹が減ったな。 減った腹も、冷え切った体も満たされたいと思いラーメンへ。 お邪魔したのは各線の柏駅から徒歩3分ほどにあるラーメン「めん吉」さんへ。 こちらへ来るのは一年ぶりほど。 僕の好きなラーメンは背脂チ…

芯を持って信を製す

野村克也さんの言葉は知的で、誰にもスッと入るようなわかりやすい言葉の連続である。 僕はこの人の文章に魅了された、捕手として監督として培われた「言葉」の連射は唯一無二の存在だろう。 野村克也さんは「信は万物の基を成す」という言葉を信念に持って…

ブログはトモダチ

かの有名なサッカーマンガのワンフレーズじゃないけど「ブログはトモダチ」なんて僕は言える、照れ臭いけど。 そもそも僕は人付き合いもあまり上手じゃなくて対面しても素直になれなくて、言いたいことも言えない性格みたいなところがある。 インターネット…

ちょっとだけ背伸びできた喜びを繋いで行く

先日から始めた、1日に1回は自分を褒める活動。 コレがなかなか良い。 1日1エライをしてみよう。 - LIFE with THINK(n) 日常の生活は意識しないと、淡々と時間と共に過ぎて行く。 この行動をする事で、今まで無意識だったことがちょっとでも視界に入ってくる…

日常にファンタジーを。

お疲れ様です。 3連休ですが、この土日月を休まない人もいます。 あなたの日常は今どんな感じですか? 順風満帆か、はたまた受難の日々なのか。 僕の人生を現在値で振り返るなら順風満帆でもないし苦難といえばそうでもない。 だけど壁はたくさんあるし、う…

百聞は一見にしかず。 食わず嫌いを克服して世界を変えよう

あなたに「食わず嫌い」はありますか? 今まで数々の食わず嫌いがあり、どうしても食べないといけない事になり食べてみたら最高に自分の好みだった経験がある。 また、それが食べ物に限らずカルチャーでも人間関係でも何をとってもそれは繋がっていると思っ…

考えないを考える

考え抜いた答えが意外とアッサリと予想外の結果を迎えて気持ちが下降することがある。 その事に対して尽力をした結果だと割り切れない事で起こるのだと思った。 だったら、いっその事「来た球を打つ」スタンスを取ってもいいのではないか。 日常の全てをその…

1日1エライをしてみよう。

僕は野球やコンピューターなどであるエラーのようなミスをやらかしやすい。 エラーばかりの人生のようだが、それはご愛嬌。 エラーが多い日々ならば、他の何かで自己評価を上げることをしてみようかなと思った。 題して、「1日1エライ」活動だ。 小さな「出…

空っぽから何かを生み出したい

僕はゼロからイチを作るって苦手。 既にある何かを使うことは出来ても、何も無い状態のものから何かを生むのが出来ない。 今の課題はそこにあって、自分のリソースでできるブログはあれどそれ以上進まないから、今手詰まりしているんだと。 ここが正念場で、…

人生はエンタメコンテンツと同じである。

最近は割とyoutubeでお笑いネタを見て笑っている。 音楽が好きだったり、お笑いが好きだったり、やっぱり日本人だ。 エンタメコンテンツはおもしろい。 ただ引いて考えてみると、自分の生活や日常にエンタメ性が足りないからエンタメコンテンツで満たそうと…

今年はなんとしても

今年は去年出来なかったこと、やりたいことにパッと浮かんではこないが身体のケアをしっかりしたい。 歯医者、眼科、皮膚科… 必須項目だけでなく、意外なところでも診てもらわないとわからないことが沢山ある。 歯の治療はサボれば、サボった分の倍以上に治…

ノータイマーはたまにはよい

今朝はノータイマーで起きた。 やはり早朝に眼を覚ますも、夜更かしの反動でまた寝た。 こんな休みもまた乙なもの。 先日は朝から動いてみて、どちらも良いから甲乙はつけられない。 だからこそ偏るんじゃなくて、バランス良く休日を過ごすのが良いのでない…

ブログは至高の思考メモ

今日はブログの在り方を考える。 このブログを開設してからを振り返ると「思考」を大枠に日々の思考整理に大きな役割を果たしたきた。 思考を表現する場を掘り下げて考えると、日常の生活であると行き着いた。 そうすると必然的に「思考=生活」でどっちにも…

楽しい事を考えることが楽しい

「勝ち」を楽しむのではなく「負け方」を楽しもう。「勝ち負け」を入れ替えると人生は何十倍も楽しくなる。 - teruyastarはかく語りき 昨日、twitterのタイムラインではてなブログのアカウントがオススメのこんな記事で紹介していた。 なるほどな、と。 人生…

熱よ、もっと熱く。

なんだか思考を整理しようと思う。 今日は歩いて思い出に浸るキッカケもあった。 良い事も悪い事も、そこで体験した時間は景色は変われど、記憶の片隅には存在していた。 こうして文章を書いたり、写真を撮ったりする事は、熱意の上で存在する。 どうにも僕…

ラーメン二郎 全店制覇の旅 vol.2 「ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店」

2019年の二郎、始めます 去年から開始した連載コンテンツでしばらくの間、更新出来なかったこの連載を新年早々はじめとこうと言うことで三が日もやってるこちらへ。 自身としては、8年ほどここに来ていなかったが2017年から劇的に美味くなったという小滝橋店…

2019年の抱負

おはようございます。 なんか類似的なエントリー過多になってしまうのですが、個人としてのやりたいことを三が日のうちに洗いしておこうと思います。 ブロガーとして、人間として、やりたいことをやるってのは目的なので。 今年やりたいこと 【フォトウォー…

思い立ったが吉日

思い立ったが吉日 という言葉があるように、思い立ったらブログを更新する僕です。 今日のエントリが雑になってしまったので今年の抱負を展望に語りたいと思います。 限界の壁突き破れ 僕は結構諦めやすくて限界値が低いです。 それが良いか悪いかは置いてお…

今年は。

今年は固定観念に囚われず柔軟に行きたい。 何かもやらなきゃ、出来なかったに迫られることなく、次やろうくらいに出来たらいいんだ。 力まずに、出来ないことをヘコマすぎずに、行こう。

あけましておめでとうございます

大晦日の写真。 あけましておめでとうございます。 ドラクエやっていたら、フツーに24時すぎて2019年を迎えました。 僕らしいというかなんというか。 今年は去年よりも動きたいですね。 「#同時多発早朝フォトさんぽ」 というtwitter発の(発案はブロガーのク…

2018年の総括、2019年のこと。

2018年もおわり。 今年はブログを外に出すような感じで、ブログ関連のイベントに参加できたり、ブログをキッカケに繋がった人と飲みに行ったりすることがでた。 僕がブログを続ける理由は、常にこの先の道を模索するようなこと。 実際にnoteでの音声配信、yo…

自分を作るのは何時もモノ

年末年始の時期を迎え、休暇になる。 休日は普段できない事を時間を使ってやる事が殆どだと思う。 そういう場合に僕は何時も寝てしまったり、SNSのタイムラインを眺めて羨んで終わってしまうことが多い。 そう言った経験の後に生まれる感情は大体が後悔の念…

東京をもっと知りたい

僕は東京在住ではないが、首都圏在住で東東京に隣接しているため、子供の頃から東京には馴染みが深い。 千葉県にある、東京ディズニーランドを筆頭に首都圏はほぼ東京みたいなものだ。 実際に人に会うとか仕事は都内が多くて、それなりにターミナル的なスポ…

タスクを作ることが僕を苦しめていた

僕は沢山のヘマをする。 「また怒られないようにしなきゃ、足を引っ張らないようにしなきゃ」 そんな思考が頭を駆け巡り、その事だけを意識した結果またヘマ打つ。 それは生活にもおなじようにある。 「今日はこれをしよう」 「明日はあれをしよう」 なんて…

サッポロビール 「銀座ライオン ビヤホールSPECIAL」

お疲れの夜はコンビニに立ち寄れば、一杯やりたくなるのが労働者の性(さが)である。 いつもは、「スーパードライ」 「一番搾り」 「黒ラベル」と言ったメジャーリーガー達に目が行くが、やっぱりルーキー的な存在も目が行ってしまうわけで。 今宵見つけた一…