LIFE with THINK(n)

思考を刺激するメディア

僕も誰かの背中を押したい

僕は贔屓になるとか応援するとか感情移入しやすいタイプだ。

 

僕の生きた形が誰かのためになればとの想いがブログ更新の活力になってる。

自分のための更新がほとんどだけど、誰かの応援というか支えになるならって思ってる。

 

僕の考える発信する情報や想いで誰かの支えになったり、背中を押せる文章を書けるようになりたいって想いが最近特に強い。

ライターになって色々なところで書きたいと思う所以はそこにある。

 

僕自身の経験だけど、興味や関心の弱い物事を強く引き寄せられるものって文章や言葉からくる情報が強くて、存在すら知らないこともものすごく知りたくなるようなことを文章を通じて僕は経験している。

 

好きなものをもっと知りたいし伝えたいとか、あまり詳しくないことだけど知った経緯とこれからのこととかを文章に乗せて伝えて知ってもらう、伝えることが僕はもっとやりたい。

それはほんのちょっとのことからでも出来ることがあるはずだから、慌てることなくカタチになるまでやっていきたい。

 

まだまだ拙い文章が多いけれど、熱量はどこかで火がつくはずだから折れずに信じてやっていく。

それに付随したこともしっかりやっていかないとね。