LIFE with THINK(n)

思考を刺激するメディア

台風の名前が気になり、台風を調べてみる。

台風24号が発生した模様。

21日午後9時マリアナ諸島で発生した台風24号

名前は「チャーミー」という名前だそう。

 

「チャーミー」は、ベトナムが用意した名前で、花の名前です。台風の名前は、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。準備された140を繰り返して使用(140番目の次は1番目に戻る)されますが、大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によって、その名前を以後の台風では使用しないように別の名前に変更することがあります。
 

引用元:また台風の卵 今後の日本への影響は(日直予報士 2018年09月21日) - 日本気象協会 tenki.jp

 

台風は来るけど、僕はあまり台風を知らない。

台風は発生して直撃すれば大きな自然災害に繋がり、命や人的被害も出ます。

ただ、台風は間違いなく一年に一度は日本にも直撃するものなので台風の勉強というか、知識を持っては損はないだろうと思い台風知識の備忘録として記事として残していこうと思います。

 

また僕自身、台風がどのような経緯で発生したりするのかもよくわかっていないのでそういったところから考えていきます。

 

そもそも、台風って何?

熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを「台風」と呼びます。

 台風は上空の風に流されて動き、また地球の自転の影響で北へ向かう性質を持っています。そのため、通常東風が吹いている低緯度では台風は西へ流されながら次第に北上し、上空で強い西風(偏西風)が吹いている中・高緯度に来ると台風は速い速度で北東へ進みます。

引用元:気象庁|台風とは

 

いわゆる、熱帯低気圧の中でも風速が強いものが台風なのですね。

こういった事も僕は全然知らないし、気にも止めることはありませんでした…

台風というと抽象的に強い風や雨をもたらし、自然災害で地形への影響を生むことくらいしか認識していませんでした。

 

そして台風の歴史やまつわる情報が過多しているために少しづつ覚えていこうと思います。

 

台風の名前

参考:気象庁|台風の番号の付け方と命名の方法

台風名前はこれだけあって、実に驚きました。

そして台風委員会なるものも存在していることは初めて知りました。

 

今後は台風への警戒や、知識吸収などしていきたいです。