LIFE with Me(n)'s

生活とグルメと、ときどきガジェット

日記感を咀嚼したメディアが好きだったり

「熱量ある記事には惹きつけられる」

 

これは僕の持論だ。

昨今、キュレーションやまとめサイトが問題になったときに思っていて今も自分のメディア方針にこれを守っている。

もちろん、メディア運営者によってそれは変わるものなのでそこに関して干渉するつもりもない。

 

ただ一人のメディア運営者としてはこれを常に意識して、忘れないようにしたい。

ブログと日記は一線を画すようなイメージを持たれるだろう。

 

本格なメディアであっても、作り手の想いが伝わる感情が込められた記事を読者側の目線で僕は読みたいと思っている。

そういう意図をもって作り手としても実践しないといけない。

 

前の記事にも言った通り、読者目線で書いていかないといけない。

僕の運営するメディアは専門的なノウハウやメソッドではなく、生活に存在するよくあることをテーマにしている。

 

だからこそ、日記まではいかないけれど個人の感情や想いを出すようにしている。

だからもっと、読み手としても熱量ある記事やメディアを探している。

 

プライバシーポリシー
All right resaved LIFE with THINK(n)