LIFE with THINK(n)

生活と密接するメディア

一喜一憂の日々

一喜一憂、喜怒哀楽、そんな言葉が人生には付いて回る。

ただ、それも悪くは無いと考えている。

人間は感情の生き物であって、感情は抑えつけたり制しようと思っても出来ない、コントロールするものでは無いと思っているから。

直感頼みのように、感情に素直に生きていく。

プライバシーポリシー
All right resaved LIFE with THINK(n)